お山生活

夏野菜で作り置きアイテム

夏休みの間に、いろいろな野菜をいただいたりして、
結構仕込み作業がありました。
トマトソースもいったいどれだけ仕込んだことか。
b0358168_14083113.jpg
私はトマトと一緒に玉ねぎとセロリも入れます。
しっかり煮込んで、WECKで脱気をして、これから数か月活用して
いくのですが、トマトソースというのは非常に重宝するもの。
パスタやピザだけでなく、煮込み料理やカレー、オーブン料理などなど
キリがない。これさえあれば、夕飯も時短です。
休みの日に、仕込んでおく価値は高いです。

さて、この夏初挑戦は、スタッフに教えてもらった
きゅうりのキュウちゃん風の漬物。
突然友人からきゅうりが4キロ近くも届いてしまい、さすがに戸惑いました。
そこで初めてトライしてみると、まあ簡単。

b0358168_14141581.jpg
輪切りにした3キロのきゅうりをすべて漬けました。
漬け汁につけて、冷めたらもう食べられるのですが、簡単で美味しいこと!
b0358168_14161042.jpg
実家や友人にもおすそ分けして、毎日ポリポリ食べています。
作り方は、「きゅうりのキュウちゃん風」レシピで検索すると、
ネットにたくさん出てきますよ。
みんな作ってるんですね。知らなかった。
b0358168_14330714.jpg
先日、京都の大好きな「なり田」の漬物を取り寄せたばかりですので、
色々な漬物と一緒に美味しく頂いてます。
漬物があると、あとはちょっとした副菜と焼き魚、味噌汁で十分。
休みの日に、だし蜜も作っておけば、それこそお味噌汁もあっという間ですよね。
ちょっとした作り置きで、忙しい日もきちんとした食事ができます。
働く女性!頑張りましょう!



[PR]



# by youleechang | 2016-08-21 14:25 | お料理

宇野千代さんのカレーライスBUNDAN流

先月、駒場公園に行った際に寄ったカフェ、BUNDAN。
そこは、小説などに出てくる料理をアレンジして出しています。

b0358168_16425487.jpg
BUNDANは、公園内になる日本近代文学館内にあるのですが、
そちらで食べた宇野千代さんのカレーが、美味しかったんです。

b0358168_16425546.jpg
運営する東京ピストルさんが出版している、
BUNDANレシピ「食べ物語る」(主婦の友社)にも
宇野千代の「花畑カレー」として、レシピが掲載されていました。
同棲していた西洋画の東郷青児さんが、
大好きだったと言われるカレーだそうです。
b0358168_16425561.jpg
このBUNDAN流の花畑カレーは、
隠し味にオイスターソースとはちみつが使われています。

b0358168_16425592.jpg
ちょっとスパイシーでありながら、日本人向けなカレーでした。
花畑というだけあって、野菜がたっぷりなんです。

b0358168_16425628.jpg
近々、別のレシピも試してみたくなった本でした。
最近、有名なビストロのレシピ本なども買いました。
お店の味を家で食べられるって、なんだかいいですね。

[PR]



# by youleechang | 2016-08-15 08:59 | お料理

「お山生活」@SUMIBITO

梅雨が明けたら、毎日猛暑続き。
本当に暑いので、一日外出していると熱中症が怖いですね。
でも、もうすぐ夏休みが取れるので、ちょっとウキウキしています。
今年の夏休みは、何をしようかしら。

さて、このブログ「お山生活」は個人的に楽しみながら、
暮らしをテーマに書いているのですが、
自分の会社でも、このたび暮らしをテーマにしたサイト「SUMIBITO」を立ち上げて、
その中でも「お山生活」というコンテンツを担当することになりました。
こちらのブログとかぶらない内容で綴っていくつもりです。
b0358168_10325583.jpg
私のエッセイ以外にも、暮らしを愉しむ人々との対談や
モノづくりに関わる方々のインタビュー記事、
フリーランスで家を建てたい人のコラムなどなど
暮らしを大切にしたいと思う人々と、「暮らし」について考える
ウェブサイトです。
徐々に、コンテンツも増やしていく予定です。

丁寧な取材をしていくので、毎日投稿が更新されるようなサイトでは
ありませんが、是非覗いてみてください。




[PR]



# by youleechang | 2016-08-06 10:41 | ひとり言

祖母の暮らしにあこがれて

会社で借りている駐車場の大家さんとは、とても仲良くしています。
80歳を過ぎた方ですが、とにかく元気で飛び回っている。
いつも支払いに伺うたびに、庭先の花やハーブを分けてくださり、
色々な話をして帰ります。
とにかくお話がよく合うので、毎回お会いするのが楽しくてたまらないし、
日本画の題材となる庭の花を見せてもらったり、
鎌倉の懐かしい風景や昔の出来事を、よく話していただきます。
彼女と話していると、私はどこかで祖母の面影を追っている
自分に気が付きます。


私が子どもの頃育った家は、祖父母も一緒に暮らしていました。
祖父が実のなる木が好きで、
記憶しているだけでも、ザクロ、キンカン、スモモ、夏ミカンが1本ずつ、
柿木が2本、梅が3本はあったと思います。
それに加え、祖母が小さな家庭菜園をしていました。
赤紫蘇、青紫蘇、キュウリ、トマト、ナスを育て、
いつも何かを仕込んでいた記憶があります。
子どもの頃は、屋根に上って渋柿を取ってあげたりすると、
それを干して、干し柿にしてもらったりしました。
b0358168_15592705.jpg
よく、縁側で梅干しを干しているのを見かけました。
赤紫蘇もそのために、育てていたのでしょう。
野菜は、自分で漬けて食べる分でした。
b0358168_16060579.jpg
春になると、近所からヨモギを取ってくるように言われ、
新芽を集めました。
それを蒸かしたもち米と混ぜて、ヨモギ餅を作ってくれたり
私は、祖母の暮らし方が大好きだった。
b0358168_16011962.jpg
私も成人して、祖母の面倒も見るようになってからは、
梅の収穫を手伝い、梅酒を仕込んだり、
大量の夏ミカンを姉と二人で、マーマレードにしたりと
家にある果実を使って、季節ごとに仕込むことが
ある意味当たり前の生活として、組み込まれていたことが、
今になって懐かしくてたまりません。

小さいころから目にした、祖母の姿。
きっと、私が追い求めている暮らしは、そこが原点なのかもしれない。
丁寧な暮らしを考えるたびに、いつも祖母のことを思い出します。


[PR]



# by youleechang | 2016-07-31 16:07 | 手仕事

夏の定番メニュー

関東もようやく梅雨が明けました。
今日は、真っ青な空に入道雲。
そして、朝からけたたましいセミの声。
まさに夏本番といった一日でした。

この時期になると、とにかく急に食べたくなるのが、
夏野菜たっぷりの揚げ浸し。
これを副菜として食べるもよし、お酒のあてにするのもよしなんですが、
何と言っても、そうめんに乗せて食べるのがお気に入り。
b0358168_19214939.jpg
一度にたくさん作っておいて、3・4日は楽しめるので、
先日もお休みの日に、頑張って作りました。
b0358168_19230465.jpg
厚揚げを入れると、甘みやうまみが増して、食欲をそそります。
とにかく全部丁寧に素揚げします。
今回は、厚揚げを買い忘れて、厚手の油揚げで。
手づくりでも市販でもいいので、めんつゆにちょっとお酢を加えます。
お酢を加えることで、より夏の胃袋にもぴったり。
この漬け汁に、挙げた野菜らをどんどん浸していきます。
b0358168_19272307.jpg
最後に冷蔵庫に入れて、冷やして味をなじませます。
作った日は、ちょっとおつまみ程度でややさっぱりと。
翌日は、味もしっかりついて、そうめんの具材に抜群。
ミョウガと紫蘇をトッピングして、ゴマをかければ
最高の1品になります。
揚げてあるにもかかわらず、
「ちょっと食欲が落ちてるなー」なんて思うときでも
ペロッと食べてしまえるのが、すごいところ。

夏の定番メニュー、今年も楽しんでいます。


[PR]



# by youleechang | 2016-07-29 19:33 | お料理

湘南の山側に暮らしながら、暮らしのあれこれを発信。
by youleechang
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
ひとり言
暮らし方
いいもの
いいこと
動物のこと
こちらノラ猫立寄り所 
手仕事
お料理
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧