お山生活

モノづくりを知る旭川の旅 その1

久しぶりに北海道旭川に降りたちました。
滞在時間23時間という、かなり弾丸ツアーではあったけれど、
得るものが大きな1日でした。
時間がないゆえに、体も頭もフル回転。
それこそが、弾丸の醍醐味かもしれません。

b0358168_11462964.jpg
旭川で市を挙げて行られる
ASAHIKAWA DESIGN WEEK も今年で2回目。
61回目の去年の開催で名称を変えて、
さらに内容も濃くなって開催されています。
私は、4年前の開催と合わせて2回目の訪問。

1990年から3年に一度開催される国際家具デザインコンペIFDAは、
来年に開催されます。
国際コンペが行われるほどの旭川は、実はすごいところなんです。
b0358168_11462908.jpg
それは、世界的にも類を見ない程、家具作りに適した場所なのだということ。

タモやナラなどの原材料がある森がすぐそばにあり、
加工できる工場、工房があり、職人さんと技術がある。
子どもの頃から触れ合い、技術が継承できる環境があり、
修理ができる加工場や販売できるメーカーがある。
そして、国際コンペまで開かれる環境があるのは、
世界的に家具で有名なイタリアですら、
狭い地域にここまでそろっていないそうです。


その先駆けとなって活動してきたのが、カンディハウス創業者の故長原實氏。
ドイツでの修行時代の経験を生かし、旭川を引っ張ってこられた方の
スピリットはこの場に書ききれないのですが、彼の先見の明が今の旭川を
支えていると言っても過言ではないように感じました。

今回も、(株)カンディハウスの新作発表とファクトリツアーに参加しながら
モノづくりの大切さ、継承の仕方、人を育てることの大切さを
再確認した気がします。
b0358168_11462933.jpg

新作TENのダイニングチェアは、私もオフィスで検討中。
なんといっても、フォルムが美しいイスは、ドイツ人の
ミヒャエル・シュナイダー氏のデザイン。
「TEN」は、軽さを象徴として、空を行く飛行機を連想したのだとか。
本社ショールームでは、
TEN=空=天空のコンセプトで、空間デザイナーの松村和典氏の
インスタレーションでした。

b0358168_11462915.jpg
TENのダイニングテーブルは、タモ、ウォールナットの天板
または、天板上面メラミン貼りの黒または白
オフィスには無垢材の天板かなと思いながらも、この黒の化粧板天板もかっこいいなと。
b0358168_11462941.jpg
こちらは、ショールームを見ながらパッと目に入ったイス。
日本の馬具メーカー、ソメスサドルが座面を手掛けたもの。
スプリンタラックス
座り心地はもちろん、この座面のステッチのかっこよさは、
写真では伝わりづらいかもしれません。
馬具が高いのと同じく、こちらもそれなりにいいお値段ですが、
こうしてソファの後ろに書斎スペースがあるって
ちょっと憧れます。
b0358168_11462931.jpg
次回こちらのお話をしようと思いますが、
旭川の東海大学芸術工学部建築科を卒業された
今まさに時の人。田根剛さんのスペシャルトークショーでも、
旭川の可能性について話されていました。

b0358168_11463028.jpg
 北海道東海大学旭川キャンパスが廃校となり、モノづくりやデザインを
学ぶ機会が途絶えてしまった旭川。
ひとつの大学が消えるということは、
教育や経済的な分野のみならず文化や暮らし情報や
人的財産面で計り知れない損失となることを
危惧した市民団体が、今、旭川に公立のものづくり大学を作ろうと
地道な活動が起きています。
「つくる人をつくる大学をつくるんだ」をテーマに活動しているんだそう。

この動きはとてもいいことだと思うし、
こんなに世界的に類を見ないほどの家具作りに適した地域なのだから、
技術だけでなくデザインをする人間も
是非、育てていってほしいと、田根さんは言ってましたね。
次回は、田根さんのすばらしいお話に触れてみたいと思います。


[PR]



# by youleechang | 2016-06-25 14:27 | いいもの

こちらノラ猫立寄り所 その2 ヨーリーのこと

以前、「こちらノラ猫立寄り所」の話をしました。
黒猫が大好きな私は、ゾルバと名付けた黒猫を愛していました。
でもある日、別のノラ猫が突然現れました。

このノラ猫は、嵐の夜に餌を求めて、我が家に現れました。
b0358168_20560353.jpg
まるで、餌があることを知っていたかのようにやってきて、
その日を境に、朝晩やってくるようになったのです。
すると、あっという間にゾルバを我が家から追い出してしまった。

はじめは、私の愛するゾルバを追いやってしまったこのノラ猫を
正直、憎たらしいとも思いました。
b0358168_20560384.jpg
猫好きなので、ご飯を執拗に欲しがる子を無視するわけにもいかず、
朝晩ご飯をやるものの、餌を与えているにもかかわらず、威嚇をやめないノラ猫。

でも、その威嚇は怖がりからでした。
本当は、とても寂しがりやで甘ったれでした。
ある日、頭を撫でることに成功した後は、数日もかかることなく
一気に信頼関係ができて、骨抜きの甘ったれになったノラ猫。
この子に、ヨーリーと名付けてやりました。
名前の由来は、寄り目だったからです。

お風呂に入れてやり、ノミ取り薬をして、小屋に寝かせてやると、
嬉しさのあまり、一日中小屋から離れません。

でも、それも数日。
今度は、家に入りたいとせがみ出し、ぐいぐいと家に入り込み出しました。
凶暴なノラ猫を手なづけた気になっていましたが、
本当は猫の思惑に、まんまと引っかかっただけの話かもしれないなと、
今のこの態度を見ると思うのです。

b0358168_20560359.jpg
ポチェとは、すぐに仲良くなりました。
子煩悩な父親きどりでしょうか?
ちゃんとあやして遊んでくれています。

でも・・・
りんちゃんは、やっぱり受け入れられない・・・
愛すべき、老猫もポーもいなくなって寂しい気持ちはわかるけれど、
早く新しい環境に慣れてほしいなと思うのは、人間の勝手ですかね。

b0358168_20560368.jpg
一方のヨーリー。
ノラ猫の間、よほど寂しい思いをしていたのか、
どこにでもついて歩くヨーリーは、常に私のそばでくつろぎます。
ノラ猫の間、どんな思いをしていたのかな。。。
レイチェル・ウェルズの「通い猫アルフィーの奇跡」を読んだだけに、
ヨーリーの気持ちを思うと、りんちゃんに折れてもらうしかないと
思う私なのです。


b0358168_20560302.jpg
こんなに感情豊かな猫。
他のノラ猫は、どんなことを思っているんだろうな。

[PR]



# by youleechang | 2016-06-19 20:53 | こちらノラ猫立寄り所 

庭園を楽しむ

b0358168_14491209.jpg
ヤマボウシが咲くと、命日が近づく亡き友人を思い出します。
なんとなく、彼女がにこやかに話しかけてきている、
そんな気になる想いのある花です。


先日、銀座に用事があったので
その帰りにちょっと足を伸ばして深川まで行ってきました。
目的はこちら。
b0358168_14491302.jpg
元禄期、紀伊国屋文左衛門のお屋敷があったとされており、
その後いろいろな経緯を経て、明治に岩崎弥太郎が別邸として購入した際に、
庭園造りに着手したとか。
大正時代に、関東大震災で邸宅や庭園に大きな被害ででて、
西側を東京市に寄付したというのが、この清澄庭園。
その後東京都が、昭和になって東側も購入して清澄公園ができたそうです。
今回、閉館まで1時間しかなく、公園の方も回れなかったので、
お隣の深川図書館すら、足を運べなかったのですが、
やはり日本の庭園を見ると、心が落ち着きます。
ゆっくりベンチに座りながら、この大きな池を眺めているのは、
とても楽しいです。
b0358168_14491359.jpg
池に突き出るように数寄屋造の建物があり、
日本情緒あふれるこの眺めが美しかった。
イギリスの庭園なども美しいとは思うのですが、
子供の頃、近所にあったとある企業の社長さんが住まわれている
邸宅によく遊びに行っては、鯉に餌やりをさせてもらったり、
仲の良いお手伝いさんに案内されながら、広いお庭を散策したりと
楽しかった思い出があるからか、
日本庭園は、私の心を和ませてくれる場所なのかもしれません。

伊豆磯石や紀州青石、備中御影石など、名石が園内に無数に
配置され、贅が尽くされています。
b0358168_14491336.jpg
池には、野鳥が遊びに来ていました。
アオサギは、すぐ近くまで行ってもまったく動じない。
すっかり人間になれているのでしょう。
時折池の小魚をパクパクを食べて、カメラを向ける我々に
サービスしてくれているよう。

b0358168_14491340.jpg
こんなに間近で川鵜をみるのも、私実は初めてで、
喉をずっと震わせているのが、とっても面白い。
鳥は、ずっと見ていても飽きないですね。

この時期、菖蒲と紫陽花が園内での見どころですが、
私は至る所に植わっているクチナシの甘い香りに、うっとりしていました。
b0358168_14491368.jpg
また園内にある、大正記念館や数寄屋造の涼亭は、
集会場として一般も利用できるとか。
涼亭から見る池の眺めも、また格別かもしれません。

公園、庭園めぐりって
心が落ち着いて、なんだかいい時間が流れるから好きです。
次はどこの行ってみよう。


[PR]



# by youleechang | 2016-06-13 14:45 | いいこと

作家さんの器のこと

お料理が好きな方の家に行くと、必ずと言っていいほど
たくさんの食器があります。
テーブルに出されるお料理は、やはり器や盛り付け方まで含んで
美味かどうかを、瞬時に捉えてしまいます。

私は、自炊を多くしますが、
そんなにお料理が得意ではないかな。
でも、なによりも食べることは大好き。
なので、やはり食器にも興味を持っています。
「食べる」という行為は、もちろん味も重要なのだけれど、
目からの情報は同じくらい重要かもしれないと、よく考えます。

ちょっと余談ですが、
その場の雰囲気にすら味覚は左右されることもあり、
すごく美味しいと思ったレストランで、別のメンバーで行ったら
あまり美味しく感じなかったなんてこと、経験したことありませんか?
話す内容や相手、雰囲気、気分、体調でこんなにも
感じ方が違ってしまう「食べる」という行為。
それだけ、人間の味覚は、視覚や聴覚、嗅覚からも影響を受け、
繊細に変化するのだなーと感じる場面があります。

なので、普段の食事もただお皿にのせて、テーブルに並べればいい。
とは、思えないのです。
自宅には、立派な器がたくさんあるわけではないけれど、
自分が気に入った器を少しずつ集めて、シンプルでも美味しい料理を
頂くということは、なるべく実践したいところ。

ということで、前書きが長くなってしまいましたが、
たまに作家さんの個展には出かけるようにしています。
先月も漆器のうつわ展へ行きました。
漆器は、ついつい作家さんと話し込んでしまい、写真を全く取らず。。。
以前購入した漆器を、今度UPしようと思います。

そして先週も備前焼の作家さんの個展に、伺ってきました。
実は、明日も木工作家さんの個展に行く予定なのですが、
人気作家さんのため
整理券が配られるかもしれず、入れない恐れもあるとか。

b0358168_11594271.jpg
森本さんは、3年前にグループ展で、お会いした備前焼の作家さん。
この方の食器もそうですが、花器がまた美しいのです。
備前焼きの焼しめた褐色の飾らない無骨さに、
森本さんが造り出す作品の繊細なラインが
たぶん私の心を掴んでいるのかもしれません。
以前のグループ展は、ごはんを食すうつわ展だったので、
花器を見ることはできず、今回は花器も楽しみに
伺いました。

b0358168_12043230.jpg
b0358168_12045619.jpg
備前焼は野草も似合うし、こんな艶やかな色のポピーも
似合うんだと、ますます花器に心奪われた時間でした。


中でも目を引いたのが、この花器。
同じ形で、備前焼らしい褐色のものあったのですが、
こちらの白備前もまた目を惹きました。
私は、白い備前焼があることをこの日初めて知りました。
b0358168_12061716.jpg
今回は、花器にしようか、盛り付け皿にしようか、散々悩んだ結果
器を買って帰りました。
森本さんに、「この器に水を張って、花を活けてもまた綺麗ですよ」と
言われたので、両方楽しんでみます。

b0358168_12084744.jpg
窯の中で重ねられた器たちの中で、一番上になった器でなおかつ
火の近くにあると、藁の灰が器に落ちます。
その灰がお皿の内側で、まるで模様のように黒くちりばめられた
感じがとても目を惹きました。

陶器についての知識も薄く、焼き物を語れるような経験も積んでいませんが、
自分のインスピレーションで、これはいい!と気に入ったら
それでいいのだと思います。

一緒に行った華道の師範のお友達と、この器には
料理だけでなく、どのような花を活けたらいいかなんて語りながら、
ひとつひとつゆっくりと見てまわる時間は、
日々の喧騒を忘れさせてくれました。

作家モノは、
自分の懐と相談しつつ、気に入れば買う。
迷うならやめる。
それだけのこと。
たくさんのものを見て、触れて、話を聞いて、じゃんじゃん使う。
そうしているうちに、自分なりにしっくりきて、
買った時の気持ちとか、作家さんの想いとか、
使い込んだ味わいとか、そんな全部をひっくるめて
大事にしたくなるんだなと思っています。

明日は、どんな作品に出会えるんだろう。
楽しみです。

[PR]



# by youleechang | 2016-06-10 19:57 | いいもの

木のぬくもりで育つ

私は子供の頃から、木のぬくもりをふんだんに感じながら育ちました。
与えられるおもちゃは、木のおもちゃも多く、
家には薪ストーブもあったので、薪に火をつけることも
やらせてもらっていたし、無垢材が内装に多く使われていたので、
子どものころから、肌でそのぬくもりを感じていたからでしょう、
今でも木造の建物はホッとするし、木工品がやはり好きです。

仕事の打ち合わせで、オフィスにも子供たちがよく来ます。
しかし会社には、アニメのDVDはなく、絵本をほんの少し。
もちろん、おもちゃなんて用意していません。
色鉛筆と裏紙。
そして、無垢材の端材で作った手作り積み木があるだけ。
けれど子どもって、触り心地のいいものを感覚で知っているので、
おもちゃがなくても、想像力を働かせて
ものすごく楽しんでくれます。

そして、親戚の子供用家具作家が作っているこのチェア&テーブル
子どもたちの中でも、すぐに取り合いになります。
ここで、おままごとをしたり絵を描いたり、お菓子を食べたり。
子どももちゃんと座り心地、使い心地がわかるですよね。
b0358168_11170286.jpg
無垢材の端材を使って、自分たちで面取りした積み木を
定期的に補充して、積み木遊びを楽しんだ子供たちには
お土産に持たせています。
丸や同じ形・同じ大きさはないけれど、子どもにとって
そんなことはどうでもいいらしい。
無塗装で、手にトゲが刺さらないように面取りさえしてあれば
それだけで十分のようです。

b0358168_11170295.jpg
この材料は、ウィエスタンレッドシダーというヒノキ科ねずこ属
の木で、香りもいいし軽くて子供たちに大人気。
基地を作る子、街を作る子、ご飯屋さん、お店屋さん、お家づくり
子どもの想像は、どこまでもどこまでも広がるんだなーと
いつも子供たちが何を作っているのか、興味津々で観ています。

幼少期に、このぬくもりの良さを知ったことは、
私もそうだったように、
きっと大人になった時にも、感覚に大きな影響を与えているはず。
自然の中にあるモノの良さを知るのは、やはり幼少期が大事なんですよね。

b0358168_11585074.jpg
今日もポチェは、オフィスですやすやアンモナイトです。


[PR]



# by youleechang | 2016-06-03 11:59 | いいもの

湘南の山側に暮らしながら、暮らしのあれこれを発信。
by youleechang
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
ひとり言
暮らし方
いいもの
いいこと
動物のこと
こちらノラ猫立寄り所 
手仕事
お料理
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧